のぼり旗の宣伝効果を知る

カラーリング

目を引くのぼり旗のぼり旗のデザインの作成には、注意点があります。
それはのぼり旗に使用するカラーリングで、のぼり旗によって知ってもらいたい商品のイメージに合わないものはダメです。

例をあげると飲食店などでうどん屋のこの旗が、かりにピンクであるとか明るい緑であると
食欲をそそるかというそんなことはありえないです。

その店がカレーうどんを主力品として売りにしているなら、黄色のデザインのものなら
イメージがあい、また正統でオーソドックスなうどんであれば、紺色で白抜きの
旗であるほうが食欲がそそられて目立ちます。

商品イメージに合う

ですのでこのカラーリングを無視したデザインは目立たないばかりか、
全く注目すらされないこともあります。
かえって逆効果になり、集客の意味としての機能を果たし得ません。

そのためあまりにも奇抜な色ののぼり旗にするのは避けたほうがよく、提供する商品イメージの集約として
意味においても注意して作成しないと集客力アップの企画が台無しになると思われます。

のぼり旗には目立たせることももちろん重要ですが、何よりもアピールしたい商品の
イメージに合った色を使っていなければ、このように逆効果にもなりかねません。

特にその商品が食べ物の場合、いかに美味しく見せるかが
食べてみたいという食欲をわきたてるかに関わってくるため
それが販売促進につながります。

意欲を湧かせる

カラーのバランスに悩む場合は、プロである業者に相談してみても
良いアドバイスがもらえるはずです。