のぼり旗の宣伝効果を知る

サプライズ

目を引くのぼり旗のぼり旗は、道路でよくみかける旗で商品の販売促進のためのもので
その旗をみるだけで商品のイメージが涌くことが多いです。

効果的なのぼり旗

またそれだけでは、こののぼり旗がたくさんはためいているだけで賑やかな感じを与え、
人は賑やかなところに自然に集まってくる習性があるので、その意味でも旗というものは効果的です。

こうしたものは色合いが綺麗でよく目立つものの方がよく、大きな道路に面していると
通行人にサプライズを与えて、きっと何かいいものがあるにも違いないという
福袋的な効果が期待できます。

大きな道路に面した駐車場の広いディスカウントストアなどではこうした経験をされた方も多いと思われます。
当然お客が集まるわけですから、その来た客の分だけ売上げを向上させるのは明らかです。

場合によっては、集客がのびさえすれば10%以上の売上高が上がることもありますので、のぼり旗はできる限り
目立つ色で、それも遠くから見えるもので構成することが、宣伝効果が確実に期待できると思われます。

このように、実に安価で集客効果の得られやすいのぼり旗ですが、
もちろんその効果はデザインや設置する場所によっても更に変わってきます。

商売は時間が勝負なため、まずは納期を優先されることも多いかもしれませんが、
より高い集客効果を得るためには、できるだけ余裕をもってデザインや配色を
設定し、販売時期と合わせて最適なのぼり旗を用意できるかも重要になってくるのです。

時間の余裕

 

のぼり旗を道路に設置するルールと関連する法律

お店の商品や店名を派手にアピールできるのぼり旗ですが、道路に置く場合には自由に設置できるものではありません。

というのも道路は人や車、自転車が往来するためのものであり、それを邪魔するのぼり旗を設置したいなら、道路使用許可が必要だと道路交通法で定められているからです。
もし、これに違反して無許可で道路にのぼり旗を設置すれば、罰則が科せられます。
道路使用許可を取得したいのであれば、のぼり旗を設置したい道路を管轄する警察署長に申請します。

しかし、直接警察署長に申請をするのではなく、交通規制係という部署が窓口になります。
申請書は警察署で手に入れるか、ネットからテンプレートをダウンロードして印刷します。
必要事項を記入してからのぼり旗を設置する場所がわかる図などを添付します。
申請をするときには手数料も必要です。

申請してから許可が下りるまでには、ある程度の日数が必要です。
他にものぼり旗の設置では注意しなければいけない法律として、不当競争防止法があります。

この法律では「日本一美味しい」とか「世界一の店」というように、根拠がない宣伝文句を使うことが禁じられます。
魅力をもたせようと、大げさな言葉を使いたくなるとしても法律は守らなければいけません。